オープンソース | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

Orekaのオープンソース展開

商用版Oreka TRは、サブスクリプション形式によるライセンスを提供しています。
Oreka GPL版は、GPLライセンスでコミュニティにソース公開されています。
GPL版はすでに48,000ダウンロード(2009/10/14時点)を超えており、 コミュニティからのフィードバックにより、ハイスピードで 高機能化・安定化を実現しています。

なぜ、オープンソースなのか?

〜より柔軟に、より低コストに、より付加価値を〜

オープンソースがより多くのコントロールと柔軟性を意味することをIT管理者たちは実感し、 今日のオープンソースは大きな成果を挙げています。
MySQLやLinuxといったインフラ製品は、IBMやGoogleなどの巨人によって 普遍的になり、支えられ、そして使用されています。
一方ITアプリケーション市場には、現在「Asterisk」や「SugarCRM」から MedSphere社の電子医療記録システムのようなものまで目立ったオープンソース製品群がみられます。
今日、オープンソースは止まることのない基調であり、それはまさに顧客の利益のためにあるからなのです。

– OrecX –

SourceForgeからダウンロードしてください。

開発元 OrecX社について

所在地:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ

設立メンバー

Bruce D. Kaskey
25年間テクノロジー製品のマネージメント、セールス、マーケティングに従事
OrecX設立前には、Stevens Communications社とEastman Kodak社に勤務

Steve D. Kaiser
25年間通話録音のテクノロジーセルスとサポートに従事
OrecX設立前には、NiceSystems社の北米チャネルパートナーであるStevens Communications社を設立

Bruno Haas : Chief Technology Officer
Thales社、Nortel社、Autonomy Systems社にて、
電子戦技術や高性能光学スイッチ、アドバンスドスピーチプロセッシングシステムの ソフトウェアアーキテクトとして勤務

理念とヴィジョン

オープンソースのパワーを活用して、インストール、使い方、メンテナンスが簡単な通話録音アプリケーションを提供し、 プロプライエタリな通録と比べて実質的な低コスト構造を保証する進行形の開発プラットホームを実現する。

ミッション

ユニバーサルな録音インフラの提供を主目的とするオープンソースコミュニティの立ち上げ
コミュニケーションのアーカイブを求めている企業のために、選択肢の拡大、柔軟性、低コストを実現するサポート/デリバリー・モデルを作りあげる

〜通話録音は手頃で、簡単で、信頼性がなければならないから・・・

  • 25年以上通話録音業界に勤務し、企業ビジネスにとっての通話録音の重要性を認識してきましたが、 通話録音システムの購入、使用、保守に関してここまで高価な費用がかかることにずっと疑問を感じてきました。
  • 操作、インストール、メンテナンスが簡単な通話録音プラットフォームの開発を決意しました。価格も手頃で、入手も簡単なものにする必要もありました。
  • フル機能でありながら、競合他社製品と比較して30%〜70%安価な通話録音システムを開発しました。 我々は通話録音を手頃で、簡単で、信頼性のあるものにしたのです。
  • あなたが通話録音システムに求めるパフォーマンスを享受し、 抑えた費用分の資金を貴社ビジネスの成長に費やして頂ければ幸いです。
– OrecX –