QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」創刊号 | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」創刊号

info

Qloog ニュースレター「Qloog Times」創刊

ニュースレター「Qloog Times」が創刊されました。創刊号は、Fonality, Inc. のメリット氏インタビューです。毎号インタビューを掲載し、企業情報や関連会社様との関わりについてご理解いただける内容になっています。ぜひ、ご一読ください。

▶ PDF:ダウンロードQloog Times vol.1


FonalityのDNAを広めたい


Fonality, Inc. ビジネスデベロップメントマネージャー
タイラー・メリット氏 
Fonality, Inc. Business Development Manager. Tyler Merritt

 ”Fonalityはソフトを扱う会社です。一般的にPBXを開発している企業と思われがちですが、実はちがいます。エンドユーザーがいかに‘Fonality HUD’*を使ってもらえるか? ということを念頭に開発すると、どうしてもPBXが必要となってくる、だからPBXを作っています。売る為に作るのではなく、HUDのすばらしさを知ってほしい! という思いから作っています。それがFonalityのDNAです。 ”と、目を輝かせながら話してくれたFonality社より来社されたメリット氏が、記念すべくQloog Times初回号のインタビューを飾ります。

 

Fonalityに入社時は、サポートスタッフだった!


 2007年に入社した時は、単なるサポートスタッフだったんですが、テクニカルトレーナー、セールスマニュアルのライター、リリース前検証のセールスエンジニア等々、それまでFonalityになかったことに必死で取組んでいたら今のポジションに就いたという具合でした。

 今、働いていて一番素晴らしいと実感しているのは “Fonality HUD” が大変優れているということです。初めて見たときの衝撃と感動は今も忘れられません、見た瞬間強烈なパッションを感じたと共に、新しい電話の時代が来たと確信しました。
 そのHUD誕生の背景には、社風があると思います。かなり以前のことですが、Fonalityは会社で働くというよりも、大学のサークルの様な雰囲気でした。ハロウィンにコスチュームで出勤したりおもちゃの銃でスナイパーゲームをしながら仕事したり、大学生の延長という感覚、だから通勤が楽しくてしょうがない位でした。そんな遊び心満載の会社だからこそ、このHUDが生まれたんだと思います。  現在、Fonalityで働くということは、私にとってライフゲームを手に入れた感じです。ITはどんどん進化していくから、飽きることが全くない、だから今、楽しみと充実感に満ちています。今後はもっとFonalityのDNAを広め力強い会社にしていくことが私の目標です。
 最後に、クルーグの魅力とは? と尋ねたところ、「とにかくエネルギッシュ! フランチャイズ・プレイヤー*2。洗練されたスキルの高いプロが集結している!」と満面の笑顔でおっしゃってくださいました! メリットさん、次の来社をスタッフ一同心よりお待ちしています!

▷ タイラー・メリット氏:
アメリカ、コロラド州生まれ、Fonality, Inc.ビジネスデベロップメントマネージャー、昨年よりアジアパシフィックのマネージャーに就任。2000年留学の為来日し、博多弁も操る日本通。現在はハワイで奥様と3歳のお嬢さんと暮らしている。

*フランチャイズ・プレイヤー=野球チーム等の第一線で活動し続ける選手 


■ ■ ■ Recent News ■ ■ ■


▶ 5/7 New FROGSリリース
 コールセンター向けプレビューダイアラー FROGSが、パワーアップし新しくリリースされました!お客様の声を反映すべく、インバウンド/レポート機能/管理機能/ユーザビリティがアップし、様々な機能が加わりました。今回のバージョンアップは必見です!

▶ 4/2 プライバシーマーク取得
 4月2日プライバシーマークを取得いたしました。これまで以上にお客様の個人情報をより安全に全社共通意識を持って大切に取扱います。

▶ 2/4〜7 Team Polycom2013参加!
 カナダ・バンクーバーで開催されたポリコム社セールスパートナー向けイベントに参加して参りました(例えるならポリコム版アカデミー賞授賞式)。センセーショナルなオープニングを飾ったのは、実はポリコム幹部によるオリジナルバンドとソングで、誰もが度肝を抜かれることに!日本ではプリンストン様が受賞されました。

Article & photo: Chise MISHIMA

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。