QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」Vol. 5 | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」Vol. 5

info

QLOOG News Letter “QLOOG TIMES” vol. 5

ニュースレター「QLOOG TIMES」vol. 5をお届けします。第5号は、日本のAsteriskの声 薗田涼子氏のインタビューです。薗田涼子氏にご来訪頂き、音声とAsteriskの日本語吹き替え板について語って頂きました。

English follows after Japanese

 ▶ PDF:ダウンロード/Download Qloog Times vol.5 [Japanese & English] | English English] | Japanese Japanese]


和製アリソン・スミス “Japan’s Allison Smith”

フリーアナウンサー
薗田涼子氏
Freelance Announcer Ms. Ryoko Sonoda

『発信音の後にお名前をお話し頂き、最後にシャープを押してください。』「もう一度、お願いします、一瞬途切れた感じがしました。」「じゃ、もう一回!」とある大阪のレコーディングスタジオでのとやり取りは、“Asterisk”と“trixBoxPro”の音声ファイルの録音中。全世界で広く使われている電話の声といえば、アリソン・スミスさん*1が有名であるが、日本語吹き替え版は、フリーアナウンサー薗田涼子さんが、和製アリソン・スミスさんとして担ってくださいました。今号は、薗田涼子さんのインタビューです。

私の声で常に笑ってもらえることを心がけている。

「アナウンサーとは?たかがアナウンサーですが、そのアナウンサーに感謝してくださった時は本当にうれしいです。」そう語ってくださったのは、フリーアナウンサー 薗田涼子さん。一見ITと無関係だが、実はAsterisk音声の声主。英語版“Asterisk”と“trixBoxPro”音声のバージョンアップに伴い、新たに翻訳・レコーディングを経て、クルーグから9月にリリースされた。日本語版は、薗田涼子さんとサウンドディレクターの浅原勇治さんの手によってレコーディングと編集がされたのだ。

“Asterisk”と“trixBoxPro”のIVR*2は、あらゆる状況と設定が柔軟に対応出来る様、豊富な音声が用意されている。その為今回録音したファイルは計570ファイルにも及んだ。元がアメリカ発製品ということもあり、ユーモアあふれる音声が幾つか隠されている。例えば「イタチが電話のシステムを食べちゃいました。(weasels have eaten our phone system.)」という遊び感覚ある台詞も、二人はプロフェッショナルにレコーディングをこなしていく。

実は、薗田さんに吹き替えを依頼したのには特別な理由がある。長年ラジオや司会を務める彼女の声やトークで、元気や活力がみなぎり虜になってしまう方が多いのだ。司会などで様々な所へ出向くと「今生きることが出来ているのは薗田さんのおかげです。闘病生活を支えてくれたのはラジオから聞こえるあなたの笑い声でした!」とリスナーから思い掛けず感謝されることも度々。「私の声で常に笑ってもらえることを心がけている。」と笑顔で答える彼女の声にクルーグも魅入られ、“Asterisk”と“trixBoxPro”のユーザーが円滑なテレコミュニケーションを出来る様にという思いが込められている。

▷ 薗田涼子氏 鹿児島県生まれ。フリーアナウンサー。“やしきたかじん”率いる事務所「P.I.S」に所属していた。同業の紀平真理さんと立ち上げた“ロンマリ・プロジェクト”では、がんの早期検診を訴えるイベント「リボンの騎士 ナイト~貴方をがんから守りたい~」を毎年開催している。

*1 アリソン・スミス(Allison Smith)=世界中で使用されるAsterisk音声ファイルの声主。http://www.theivrvoice.com/ http://www.allisonondemand.com/
*2 IVR(Interactive Voice Response)=電話音声による自動音声案内システム。発信者のダイヤル操作で、録音音声を発信者側に自動的に再生。


■ ■ ■ Recent News ■ ■ ■

▶ 10月 第10回AstriConKazooCon開催!
10月8〜10日アメリカはアトランタで開催されたAstriCon(アスタリスクカンファレンス)と、14〜15日サンフランシスコ開催KazooCon(2600hzカンファレンス)にクルーグ技術者が参加して参りました。現在クルーグが手がける、プロジェクト担当者に会い、今後のテレフォニー業界における展望等興味深い話を進めて参りました。

▶ 10月 香港エレクトロニクス・フェア開催!
世界最大級の香港エレクトロニクス・フェアを10月13〜16日に視察して参りました。今回は、弊社CEO荒尾と2名の技術者が参加いたしました。新製品のデモンストレーションと発表がされるこのフェアは、電話業界でも見逃せない次世代プロダクトがずらりと並んでいるばかりでなく、サプライヤーと直接商談ができる貴重な場所でした。

クルーグは、テレフォニー業界を牽引すべく、ハードウェア・ソフトウェア両方の世界の最新情報を常にとらえ続けていきます。

 

Article & photo: Chise MISHIMA

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。


“Japan’s Allison Smith”

Freelance Announcer Ms. Ryoko Sonoda

“Hasshinon no ato ni (After the tone…)” begins Sonoda’s beaming voice. “Take it from the top again, that didn’t feel quite right.” This was the precision demanded at a recording studio in Osaka, Japan during the recording of the Japanese voice files for Asterisk and trixbox Pro. Allison Smith’s*1 voice has achieved legendary status in Asterisk circles around the world, and when QLOOG committed to localizing the announcements for Japan’s community, Ryoko Sonoda came forward to take on the daunting task of becoming “Japan’s Allison.” Her story is the subject of our interview.

“I’ve always wanted my voice to help others smile.”

“What’s an announcer? I like to call myself one, but I feel most proud when I hear people express their gratitude for my work,” says freelance announcer Ryoko Sonoda. At first glance it might appear that she has little in common with the IT world, but in reality, Sonoda is the voice of Japan’s latest collection of Asterisk announcements. QLOOG translated, recorded, and released its newest compilation in September, following a recent update of the English Asterisk and trixbox Pro audio files. The Japanese edition was recorded and edited by Sonoda with sound director Yuji Asahara.

It takes a vast catalogue of audio files in order to accommodate the myriad of scenarios possible in the Asterisk and trixbox Pro IVRs*2 – 570 separate recordings, to be exact. Nothing has been left out, and that includes the humor of the American originals, as phone geeks across Japan will undoubtedly confound their bosses by chuckling at Sonoda’s adaptations of hidden gems like “weasels have eaten our phone system.”

There is a reason that QLOOG asked Sonoda to lend her skills: her long career as a radio staple and emcee have made us all willing captives to her fun and energetic personality. And we’re not the only ones – Sonoda recounts an occasion where a listener once shared with her, “I have you to thank for being alive today. Your laugh coming over the radio waves was what kept me going during a long bout with illness.”

“My voice reaches your smile,” Sonoda says with a gentle grin herself, and it’s precisely this sentiment that makes QLOOG proud to offer these recordings for the benefit of Asterisk and trixbox Pro users throughout Japan.


Ryoko SONODA : Freelance announcer born in Kagoshima Prefecture, Japan. The “Ron-Mari Project,” an initiative she started with her colleague Mari Kihira, holds a yearly event called “Ribbon Knight” aimed at promoting the early diagnosis of cancer.

*1 Allison Smith: Voice talent of the original Asterisk announcement files used around the world.http://www.theivrvoice.com/   http://www.allisonondemand.com/
*2 IVR (Interactive Voice Response): An automatic voice guidance system. Recorded announcements are automatically played depending on the caller’s input.


Recent News

– October: Off to the 10th Annual AstriCon and KazooCon!
The 10th Annual AstriCon was held from Oct. 8—10 in Atlanta, and luck would have it that KazooCon was to follow the next week in San Francisco from the 14th—15th! QLOOG joined both events and had the opportunity to meet with project partners to discuss exciting new developments in the telephony market.

– October: Hong Kong Electronics Fair 
The Hong Kong Electronics Fair  is renowned as the largest event of its kind in the world. This year’s event was held from Oct. 13—16, where CEO Kazuhiro Arao attended with two of QLOOG’s technicians. The fair is famous not only for new product demonstrations and presentations, but also for the fact that businesses are able to engage in direct negotiations with suppliers.

QLOOG has never feared change, and we’re always excited to keep up on the latest global developments in hardware and software!

 

Article & photo: Chise MISHIMA, Translation: Kevin McCoy