QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」Vol. 6 | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

QLOOG ニュースレター「QLOOG TIMES」Vol. 6

info

QLOOG News Letter “QLOOG TIMES” Vol. 6 (QLOOG TIMES 1周年記念号)

ニュースレター「QLOOG TIMES」vol. 6をお届けします。アリソン・スミス氏は、QLOOGのみならず、全Asteriskユーザーにとって女神の様な存在。いつかはアリソンにQLOOG TIMESに出て頂きたいと、昨年から地道にアリソンに連絡をとりやっと念願が叶いました。QLOOG TIMES 1周年記念号は、ボイスタレントのアリソン・スミス氏です。

English follows after Japanese

 ▶ PDF:ダウンロード/Download Qloog Times Vol.6 [Japanese & English] | English English] | Japanese Japanese]

 



– ミス・アスタリスク “Ms. Asterisk”

ボイスタレント
アリソン・スミス氏

Voice Talent – Allison Smith

  『「実は、女優になることが私の夢で、舞台が私のスタートでした。しかしながら、支払いの為に女優業とボイスタレントを掛け持ちで始め、ホームスタジオとウエブサイトを作り、Digium(ディジウム)がたまたまネット検索で私を見つけたことがAsterisk(アスタリスク)との出会いでした。」 Asteriskユーザーにとってアリソン・スミス*1といえば、Asterisk IVR*2の美声の持主として知らない人はいない、と言っても過言ではありません。QLOOG TIMES1周年の記念号は、アリソン・スミス氏のインタビュー、Asteriskのカンファレンス”AstriCon(アスタリコン)”やIVR秘話をお届けいたします。

女優になることが私の夢、舞台が私のスタートでした。

   最初にDigiumでボイシングを始めたのは2003年、初期のAsteriskβ版プロンプトから関わっていました。とはいえ、本当の意味での一番最初ではありません。実は、最初の声は知る人ぞ知る、開発者の“マーク・スペンサー”本人だったんです。きっとまだ、どこかネット上にあるはずです。

 ボイスタレントが、プロンプトを提供したクライアントと交流が生まれるということは殆どありません。ところが私はそれがきっかけで、世界中のAsteriskファンが集結する祭典AstriConに毎年呼んで頂き、熱いAsteriskファンを前にセミナーを開催しています。そして集まる皆が私の兄弟の様に接してくれるんです。ですからAsteriskは、私にとって非常に幸運だったというわけなんです。

 長年ボイスタレントをしていると、ちょっと変わったご依頼を受けることがあります。ちょうど2〜3週間前、大型貨物船のIVRプロンプトの依頼を受けたときのことです。「“大麻”の出荷に関すお問合せは“5”を押してください。」というとんでもない事が書かれていたんです。驚いてすぐさまクライアントに連絡し「私はどのようなことがあろうと、違法なことに関わることは出来ません!」と伝えると、担当者が「おぃおぃ、そりゃ面白い!実は、“大麻”(Reefer)とは“冷凍装置”(Refrigeration)の隠語なんですょ!」と聞いて大笑いしたことがあります。そんなことなら、最初に確認しておけば良かったですね。

日本のAsteriskユーザー会とQLOOGに一言!

 “和製アリソン・スミス”*3がいるとは思いもしませんでした。QLOOGや、日本のAsteriskユーザー会の為に出来ることがあれば、いつでもご協力いたします。次回ラスベガスで開催されるAstriConで皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています!

▷ アリソン・スミス氏:
 
カナダ、アルバータ州生まれ。全世界で知られるボイスタレント。2003年よりDigiumのIVR電話システム、テレフォンボイスとして活躍。以下サイトで誰でもオーダーが可能。
http://www.allisonondemand.com/
http://www.theivrvoice.com/

*1 アリソン・スミス(Allison Smith)=アリソン・スミス (Allison Smith)=世界中で使用されるAsterisk音声ファイルの声主。
*2 IVR(Interactive Voice Response)=電話音声による自動音声案内システム。発信者のダイヤル操作で、録音音声を発信者側に自動的に再生。
*3 和製アリソン・スミス= QLOOG TIMES vol.5「和製アリソン・スミス」薗田涼子氏を参照。


■ ■ ■ Recent News ■ ■ ■

▶ 1月 IT EXPO マイアミ、2月 第6回TEAM Polycom開催!  
   1月29〜31日アメリカはフロリダで開催されたIT EXPO(アイティ・エキスポ)で、アスタリスク生みの親であるDigiumマーク・スペンサー氏との対談や、アスタリスクの声として知られるアリソン・スミスのインタビューが実現しました!

   2月11〜13日カナダはバンクーバー開催の第6回TEAM Polycom(チーム・ポリコム)に参加して参りました。

▶ 3月1日 FreePBX正式日本語版リリース、日本初Schmooze Com, Inc. とパートナー契約締結 
  世界有数のIP-PBXソリューション開発元Schmooze Com, Inc.の日本初・日本唯一となる正規パートナーとして契約を締結致しました。また、同時に、自社開発した日本語適正化プログラムとメニュー・メッセージの日本語が、世界で初めてSchmooze Com, Inc.社の製品に採用され、公式日本語パッケージを含めたFreePBX最新版として、2014年3月1日(土)から全世界に向けて提供開始致しました。またSchmoozeサイトでも紹介(英語)頂いています。

Article & Translation: Chise MISHIMA

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。



QLOOG Times 1st Anniversary Issue – QLOOG News Letter Vol. 6

Announcing the release of QLOOG Times Vol. 6! Voice talent Allison Smith is a legend not only to all of us at QLOOG, but also for Asterisk users around the world. We had always hoped that one day we would have the opportunity to feature her in an issue of QLOOG Times, and our wish has come true for our special first anniversary issue. Enjoy!

“Ms. Asterisk”

Voice Talent – Allison Smith

My background is in theatre, and I had always wanted to be an actress. Voice-overs actually began for me as a way of paying the bills in between acting work, but things took off from there. I set up my own home studio and website, and Digium just happened to find me by a web search – that’s how I got involved in Asterisk.” It’s no overstatement to claim that Allison*1 is a near-celebrity among Asterisk users. In this first anniversary edition of QLOOG Times, we’re honored to bring you an interview with Allison where we enjoyed “behind the scenes” stories about Astricon and the IVR*2 business.

“Acting was my dream, and my beginnings were in theatre.”

“I began voicing for Digium in 2003 when I was involved in the first Asterisk beta prompts. Although, perhaps that’s a misstatement – the very first prompts were actually performed by Mark Spencer himself. I’m sure they still exist in a hidden corner of the internet somewhere!”

“I’m fortunate to have as much interaction as much as I do with my clients – it’s something that most voice talents rarely get to enjoy. When I present at events like Astricon, I really do sense a kinship where many people in this community are like older brothers watching out for me. Asterisk really has been a blessing for me.”

“During my work as a voice talent, there are always occasions where I receive some ‘interesting’ requests. A couple of weeks ago, I did IVR prompts for a big shipping line, and one of
the messages was “If you’re calling for reefer shipments, press 5.” I called the client immediately to say ‘I’m not trying to get involved with anything illegal!’ and we had a good laugh when he told me that ‘reefer’ was actually industry lingo for refrigeration. (laughs) Maybe I should ask about these things before I do them!”

A Message for QLOOG and the Japan Asterisk Users Group!

“I had no idea that Japan had its own Allison!*3 If there’s anything I can do to help the Japanese Asterisk community, let me know. I hope to meet you all at the next AstriCon in Las Vegas!”

Allison Smith:
World-famous voice talent born in Alberta, Canada; featured since 2003 as the voice of Digium’s IVR telephony system. Allison is available for additional work at the URLs below:
http://www.allisonondemand.com/
http://www.theivrvoice.com/

*1 Allison Smith: Voice talent of the original Asterisk announcement files used around the world.
*2 IVR (Interactive Voice Response): An automatic voice guidance system. Recorded announcements are automatically played depending on the caller’s input.
*3 “Japan’s Allison” = refer to QLOOG Times Vol. 5 featuring Ryoko Sonoda.


Recent News

– Jan: ITEXPO Miami
Feb: TEAM Polycom 2014
   At ITEXPO, held from Jan. 29-31 in Miami, Florida, QLOOG had the privilege of meeting with Asterisk creator Mark Spencer (Digium) and interviewing Allison Smith, known worldwide as the Voice of Asterisk. Afterward, our team headed to Vancouver, Canada from Feb. 11-13 to join our partners for the 6th annual TEAM Polycom.

– Mar 1: QLOOG Announces Schmooze Partnership, Release of Japanese FreePBX Code
  QLOOG has officially partnered with IP-PBX solution developer Schmooze Com, Inc. as the company’s first and only authorized reseller in Japan. QLOOG also proudly announced the official release of the first ever Japanese localization of FreePBX, the code for which was developed by QLOOG and available in the latest updates from Schmooze’s code repositories from Mar. 1.

Article & photo: Chise MISHIMA, Translation: Kevin McCoy