内線・呼出機能 | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

わかりやすい内線設定

ソフトフォンでもハードフォンでも利用できる柔軟さ。さらに便利な内線機能

電話機は問いません

trixbox Proに接続する電話機は問いません。様々なIP電話機やソフトフォン、家庭用単独電話機などもばっちり接続できます。

ハードフォン

ハードフォンは多くのメーカのハードフォンに対応しております。
推奨IP電話機はLAN回線に接続することによりconfファイルの自動設定が行なわれるため、システム構築工数の削減というメリットがあります。現在国内IP電話機による検証を行なっており、随時検証済みの国内IP電話機を追加する予定です。

ソフトフォン

ソフトフォンは無料のものから高機能なものまで使用用途に合わせてチョイス。
無料で利用できる検証済みソフトフォンは、CounterPath社のX-Liteがあります。また、高機能なものはゾイパー(Zoiper)が優秀です。IAX & SIPの両プロトコルに対応しており、T.38 Fax送受信機能などに対応しております。
WindowMobile環境で利用できるSIPクライアントにも対応しておりますので、WiFi環境での無線内線電話機としての利用方法が可能です。

内線それぞれにボイスメール

電話機でもメールでもWEBブラウザからでも聞けるメールボックス

 

trixbox Proは内線ごとにボイスメールを利用でき、他とはひと味違う使い方が可能です。通常、ボイスメールに保存されたメッセージを聞くには内線に接続された電話機からしか聞けないと思われがちですが、trixbox Proではメッセージが録音されたらメールにメッセージを添付ファイルにして送信することも出来るので、外出先でリアルタイムにチェックすることが可能です。
また、WEBからもメッセージを確認することが可能ですので、世界中のどこにいてもブラウザでボイスメールを再生、確認可能です。

内線ごとに準備されたWEBページ

WEBブラウザからアクセスできる自分専用の画面

 

trixbox Proは内線ごとに専用の設定が出来るWEBページを持っています。そこでは、ボイスメールの確認や着信記録・発信記録・通話のレポートなどを見ることができます。
また、外出するときに「転送」設定しておけば、内線が呼ばれたときに自動的に携帯電話や仲間・アシスタントの内線へ転送してくれます。
従来のPBXやビジネスホンでは、システム全体の着信を転送する事は可能でしたが、内線毎の細かな設定が可能です。

 

世界のどこでも内線番号で呼び出し、FindMe機能

FindMe

IVR設定イメージムービー

FindMeとは内線ユーザーがブラウザで設定できる、内線の呼び出し方法です。
例えば、出入りが多い営業担当者に着信があった時に、電話窓口の方は、今どこに居てどの様な状態なのかを確認する必要があります。そんな時は、どうするでしょうか?内線を呼び出し、応答が無ければ一旦電話を切り、携帯を呼び出し、折り返す・・・・。なんて手間が容易に想像できます。拠点が離れていれば、なおさら手間がかかります。
こんな時、trixbox ProのFindMe機能は強力です。
設定された内線番号をプッシュするだけで、trixbox Proに接続された内線を呼び出したり、携帯を呼び出したりする作業を自動で行ってくれます。呼び出しパターンも内線のユーザーが自分で決めることが出来るので、HUDのログイン状態で判断させたり、常に内線と携帯を同時に呼び出させたり。
世界中どこにいても、内線番号だけで呼び出せる。trixbox Proならではの機能です。

また、誰でも呼び出せる様にすると都合が悪い場合もあるでしょう。そんな時は、FindMeで呼び出す事ができる内線を柔軟に指定することができます。

■FindMe転送順序設定で利用できる項目

  • 自分の内線を呼び出す
  • 他の内線を呼び出す
  • 自分の携帯電話を呼び出す
  • 外部の電話番号を呼び出す
  • 通話スクリーニングを有効にする
  • 通話スクリーニングを無効にする
  • 自分のボイスメールに転送する
  • 他のボイスメールに転送する
  • 自分の位置が判明したことを発信者に通知
  • 発信者ID(CID)を上書きする