オプション設定 | ワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグワークスタイル・働き方変革対応 UCプラットフォーム・サービス FoNEX(フォネックス)をはじめ、コミュニケーションに関わるシステムをトータルサポート | 株式会社クルーグ

CakePHP

 

オプション設定

trixboxProサーバをDHCPサーバに設定する。

PolycomやAastra社製IP電話機を御利用になる場合は、trixboxProがインストールされているサーバをDHCPサーバとして設定すると、電話機はプラグアンドプレイで自動設定されますので、この設定を強くお勧めいたします。
IP電話機のネットワークアドレスをルータや別のDHCPサーバで行う場合は、電話機の自動設定は行われません。
DHCPサーバ機能は2個目以降のLANポートに設定できます。御利用のサーバに1つしかLANポートが実装されていない場合はこの機能を利用できません。通常は一つ目のLANポートを「eth0」2つ目のLANポートを「eth1」と設定されます。
ここでは2つ目のLANを「eth1」として説明しています。

WinSCPでサーバにアクセスする。

WinSCPはWindowsからLinuxサーバにアクセスするには非常に便利なツールです。以下のサイトからダウンロードできます。

WinSCPダウンロード:http://winscp.net/eng/index.php

apple社MACをご利用の場合は「fugu」を利用すれば、WinSCPと同等の操作が可能です。

fuguダウンロード:http://rsug.itd.umich.edu/software/fugu/

dhcpd.confファイルを書き換える

WinSCP等を利用してtrixboxに接続し、/etc/dhcpd.confをデスクトップ等の任意の場所にダウンロードして保存します。保存したファイルをテキストエディタで開きます。

このファイルのすべての内容を以下のサンプルと書き換えます。(赤で記述されている部分は説明です。実際の設定ファイルには記述しないで下さい。青の部分は自分の環境に合わせて記述してください)

ddns-update-style interim;
ignore client-updates;
subnet 192.168.25.0 netmask 255.255.255.0 {
option routers 192.168.25.1; # デフォルトゲートウェイ
option subnet-mask 255.255.255.0; # サブネットマスク
option nis-domain “tdp.local“;# ドメイン名
option domain-name “tdp.local“;# ドメイン名
option domain-name-servers 192.168.25.1; # DNSサーバアドレス。trixboxProのアドレスにすると良い
option time-offset 32400; #Tokyoの設定
option ntp-servers 192.168.25.1; # tftpサーバアドレス。trixboxProのアドレスにする(必須)
option tftp-server-name “192.168.25.1“;# tftpサーバアドレス。trixboxProのアドレスにする(必須)
range dynamic-bootp 192.168.25.10 192.168.25.254; # 割当てるIPアドレスの範囲
default-lease-time 43200;
max-lease-time 86400;
}
ddns-update-style none;
class “phone” {
match substring(hardware,1,3);
}
# Polycom
subclass “phone” 00:04:f2
{
authoritative;
option tftp-server-name “tftp://192.168.25.1“;
}
subclass “phone” 00:90:7a { # Polycom
option tftp-server-name “tftp://192.168.25.1“;
}
subclass “phone” 00:e0:75 { # Polycom SoundStation IP
option tftp-server-name “tftp://192.168.25.1“;
}
subclass “phone” 00:08:5d { # Aastra
option tftp-server-name “192.168.25.1“;
}
subclass “phone” 00:10:bc { # Aastra Telecom
option tftp-server-name “192.168.25.1“;
}

ターミナルでサーバにアクセスする。

Windowsには標準でターミナルがインストールされておりません。WindowsからLinuxサーバにアクセスするにはputtyなどのターミナルソフトをインストールします。以下のサイトからダウンロードできます。

putty日本語ダウンロード:http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/PuTTYkj.html
(hdk様サイト)

apple社MACをご利用の場合はアプリケーション>ユーティリティ>ターミナル.appを利用すれば操作が可能です。

続いて、ターミナルから

  1. chkconfig dhcpd on
  2. service dhcpd start

と入力してDHCPサービスを起動します。

もし、ネットワークアダプタが2個ある場合は、そのうちのひとつをIP電話専用のネットワークとし、そこにDHCPサービスを起動させます。通常、trixboxProのアクティベーションプロセスで二つ目のLANでDHCPを起動するか選ぶように促されますが、手動で設定する場合は、以下の通りです。

ifcfg-eth1ファイルを作成する

/etc/sysconfig/network-scriptsディレクトリに、ファイル名ifcfg-eth1のファイルを作成する(もし無い場合)このファイルには以下のように記述します。

  1. DEVICE=eth1
  2. ONBOOT=yes
  3. IPADDR=192.168.25.1
  4. NETMASK=255.255.255.0
  5. BOOTPROTO=static
  6. NETWORK=192.168.25.0
  7. BROADCAST=192.168.25.255

Dhcpファイルを編集する

/etc/sysconfig/dhcpd を変更します。

  1. DHCPDARGS=eth1

上記の編集作業が終了したら、サーバーを再起動します。

他のデバイスドライバをインストール必要がある場合の対処法

Fonality社が正式にサポートしていないサーバーは時として、ネットワークカードが認識されないといったトラブルが発生します。例として、ASUS社のEeeBoxを取り上げてみます。このアプライアンスのネットワークデバイスは1000TXという高速型のタイプになっており、trixboxのOSはそのままでは認識できませんので、手動でデバイスドライバをインストールする必要があります。

  • trixboxのインストールが完了して再起動が始まると、画面上面に「Booting trixboxPro …..」という表示がでます。このときにすぐに「Enter」キーを押します。すると起動オプション設定画面に入ります。
  • 2つの起動オプションが表示されますので、上の第一オプションを選択して、キーボードから「e」を押します。
  • 画面上に詳細項目が表示されます。「kernel…」で始まる行があるはずです。これを選択して、「e」を押します。
  • OSの起動オプション設定が表示されますから、その文字列の最後尾に「single」と入力してください。このときに直前のオプションとの間に必ずスペースを入れてください。入力し終わったら「Enter」キーを押します。
  • 前の画面に戻ります。ここで「b」を押し、システムを再起動します。
  • システムが再起動すると、「sh#」というプロンプトが表示されますので、ここから「root」アカウントのパスワードを設定します。「passwd」と入力し、「Enter」キーを押します。パスワードを入力するように促されますので、パスワードを入力してください。パスワードは確認のためもう一度入力するように促されます。
  • 続いて「reboot」を入力しシステムを再起動します。
  • 今度は、「inactive login:」というプロンプトが表示されますので、ここで「root」と入力し「Enter」キーを押します。続けて先ほど設定したパスワードを入力し「Enter」キーを押します。これで、root権限でシステムにログインできました。

ここからネットワークドライバをインストールします。
ネットワークドライバのファイルが入っているSDカードあるいはCDを準備します。もちろんwgetコマンドでwebから直接デバイスドライバをダウンロードしてもかまいません。仮にデバイスドライバが保存されているSDカードを準備できているとしましょう。EeeBoxのSDカードスロットに挿入します。

続けて以下のコマンドを一行ずつ入力して実行してください。

  1. mkdir /mnt/card (サーバー上に外部ドライブをマウントするためのディレクトリを作成)
  2. mount –t vfat /dev/sdb1 /mnt/card (外部メモリをマウント)
  3. cp /mnt/card/r8168-8.009.00.tar.bz2 /home/ (ドライバをHDDにコピー)
  4. tar xjf r8168-8.009.00.tar.bz2 (ドライバを解凍展開)
  5. cd r8168-8.009.00 (展開先のディレクトリに移動)
  6. make clean modules ()
  7. make install (ドライバをインストール)
  8. depmod –a (新しいドライバをシステムに認識させる)

これでドライバのインストールは終わりました。「reboot」と入力して「Enter」キーを押します。システムが再起動します。再び「inactive login:」とプロンプトが表示されたら「activate」と入力して、通常のtrixboxPro認証手続きを進めます。